専門にした業務以外で依頼がきたらどうするか?

私が行政書士として取り組む業務は、大きく分けて

以下の2つです。

・中小企業・ベンチャー企業や起業家の相談相手、支援
(知財活用、会社設立、契約書作成、許認可代理申請など)

・もめない円満な相続のための支援
(遺言書作成、遺言執行など)

もし専門以外の業務の依頼がきたらどうするのか?

対応は、以下の2つがあります。

その業務について、調べて何とか自分で対応する。
その業務が専門の行政書士さんに仕事をまわす。

その業務について、調べて何とか自分で対応する時間
と手間をかけるより、自分の専門業務に専念したいと

思います。

そこで、

私は、その業務が専門の行政書士さんに仕事をまわします。

どのような行政書士さんに?

知り合いやブログなどで知っている方になりますかね?

 

 

そのような仕事がきたら、考えればよいことですが、
方針は決めておきます。

関連記事

  1. 週末だけの行政書士活動は可能か?
  2. 行政書士の職域を知らないと逮捕されます
  3. 行政書士の資格では食えない?
  4. サラリーマン行政書士
  5. たった90日で先生ビジネスは絶対儲かる!
  6. 定年退職からの行政書士
  7. 当事務所に、電話の際はご注意ください
  8. 詐欺師の集客方法に学ぶ

最近の記事

PAGE TOP