名刺には顔写真を入れましょう!

最近は、セミナーの後の懇親会で名刺交換をする機会
から仕事につながることもあるので、名刺は非常に重要です。

名刺が多く集まりますが、後でみると印象が薄れてしまいます。
名刺も営業ツールの一つ、せっかく自分を売り込むチャンスなのに
もったいないです。

会社に勤務しているときは、会社の看板を背負っているので
名刺に顔写真は必要ないかもしれません。

しかし、士業の方でも名前、住所、電話番号、行政書士と
シンプルな名刺を使用する人がいます。
有名人ならそれだけで、よいでしょう。
なぜ顔写真を載せないのか理解ができません。

まさか恥ずかしいとか・・・

有名人でない人は、後から、そしてもう一度会ったときに、
誰か思い出せるように名刺には顔写真を入れましょう。
また、多くの人の中で埋没しないように強みや
パーソナルな情報を載せていただくとありがたいです。
よろしくお願いします。

関連記事

  1. 本当に忙しいとブログ更新ができない?
  2. サラリーマンの副業行政書士という選択
  3. 行政書士の職域を知らないと逮捕されます
  4. ゆるい人間関係が、お客様につながってくる
  5. 美容サロンも、行政書士のお客様です
  6. セカンドライフとしての行政書士のススメ
  7. 専門にした業務以外で依頼がきたらどうするか?
  8. 情報発信は専門家としての価値を上げる

最近の記事

PAGE TOP