名刺には顔写真を入れましょう!

最近は、セミナーの後の懇親会で名刺交換をする機会
から仕事につながることもあるので、名刺は非常に重要です。

名刺が多く集まりますが、後でみると印象が薄れてしまいます。
名刺も営業ツールの一つ、せっかく自分を売り込むチャンスなのに
もったいないです。

会社に勤務しているときは、会社の看板を背負っているので
名刺に顔写真は必要ないかもしれません。

しかし、士業の方でも名前、住所、電話番号、行政書士と
シンプルな名刺を使用する人がいます。
有名人ならそれだけで、よいでしょう。
なぜ顔写真を載せないのか理解ができません。

まさか恥ずかしいとか・・・

有名人でない人は、後から、そしてもう一度会ったときに、
誰か思い出せるように名刺には顔写真を入れましょう。
また、多くの人の中で埋没しないように強みや
パーソナルな情報を載せていただくとありがたいです。
よろしくお願いします。

関連記事

  1. 心の強さを保つためには気分転換が必要です:ヨガ
  2. 定年退職からの行政書士
  3. こんな人はネットショップ古物営業にふさわしくない
  4. あなたのホームページは問題解決型?
  5. 専門にした業務以外で依頼がきたらどうするか?
  6. サラリーマン行政書士
  7. 仕事は人が持ってくる
  8. ホテル・リッツカールトンから学ぶ

最近の記事

PAGE TOP