これからの行政書士の仕事は?

リサイクルショップを新たに始めたい
そのために警察で古物商許可を取りたい。
この場合は、本人が申請が可能です。
というより本人申請が原則です。
行政書士に許可申請を依頼するのは、
「手続きが面倒そうだから」
「手続きのやり方がわからないから」
という理由になります。

 

しかし、
AI(人工知能)の発達や導入により
許可申請の手続きが誰でもできるようになります。
そこで行政書士に依頼しないで、許可を受けたい本人が
許可申請をすることが増えるでしょう。
AI(人工知能)の発達や導入により行政書士の
「定型的な仕事」は減っていきます。

 

では、行政書士は、「定型的な」許可申請手続きの代わりに
何をするのか。
コンサルティングです。
古物商許可申請を入口にリサイクルショップの
経営相談を受けることです。
商品そのものだけで勝負してはいけないのです。

 

関連記事

  1. 資格には「信頼」という力がある
  2. 即決即断でいきたいものです
  3. こんな人はネットショップ古物営業にふさわしくない
  4. 行政書士と環境ビジネス支援
  5. 「退職ナビ」の記事を私が監修をしました
  6. 「一」という数字は非常に危険な数字です
  7. 成功する人は売れていないときから人に任せる
  8. 迷惑電話であれば、着信拒否するのが良い

最近の記事

PAGE TOP