業務特化型の行政書士にならなければ

開業直後は、何でも屋行政書士になります。

しかし、同時に業務を絞った業務特化型
の行政書士
にもなります。

業務特化型の行政書士は、

・業務の効率がよい。

 

・経験や知識が蓄積される。

 

・専門性が高い方が、お客さんを獲得しやすい。

 

離婚問題で悩んでいる人にとって、会社設立
など興味あるはずがありません。

 

何でも屋行政書士ではなく、離婚問題が
専門の行政書士に依頼するでしょう。

何でも屋行政書士になる
しかし、同時に業務を絞った業務特化型
の行政書士
にもなります。

 

そんなことはできるのか

それは、できます。

 

業務ごとにホームページやブログなどを
立ち上げて専門性をアピールします。

 

名刺も業務特化型を作成し、その業務に関係の
ありそうな人に配る。
集客活動をする。

関連記事

  1. 成功している起業家は、お金を使う基準を持っています
  2. 職業を「食業」にしない働き方
  3. 行政書士は、今さらながら許認可業務のプロです
  4. 行政書士の顧客ターゲットは絞れ!
  5. 行政書士として取り組むニッチな業務
  6. 付き合わない人を決める
  7. あなたの情報はオンリーワン
  8. 成功者には必ずメンター(人生のお手本となる人)がいた!

最近の記事

PAGE TOP