業務特化型の行政書士にならなければ

開業直後は、何でも屋行政書士になります。

しかし、同時に業務を絞った業務特化型
の行政書士
にもなります。

業務特化型の行政書士は、

・業務の効率がよい。

 

・経験や知識が蓄積される。

 

・専門性が高い方が、お客さんを獲得しやすい。

 

離婚問題で悩んでいる人にとって、会社設立
など興味あるはずがありません。

 

何でも屋行政書士ではなく、離婚問題が
専門の行政書士に依頼するでしょう。

何でも屋行政書士になる
しかし、同時に業務を絞った業務特化型
の行政書士
にもなります。

 

そんなことはできるのか

それは、できます。

 

業務ごとにホームページやブログなどを
立ち上げて専門性をアピールします。

 

名刺も業務特化型を作成し、その業務に関係の
ありそうな人に配る。
集客活動をする。

関連記事

  1. ゆるい人間関係が、お客様につながってくる
  2. 厳しい環境だからこそ語れる夢があるか?
  3. 商品がなくても情報を発信することが重要です
  4. 「売れる物」は頭の中にあった
  5. 行政書士のビジネスモデルは難しい
  6. 風俗営業許可申請の仕事は危ないのか?
  7. 助成金・補助金申請の相談が増えています
  8. 行政書士にはそれぞれ専門分野がある

最近の記事

PAGE TOP