行政書士の職域を知らないと逮捕されます

行政書士の職域とは、できる仕事の
範囲のことです。

一般の方は、行政書士のできる仕事の範囲(職域)
を知りません。

いいえ、新人の行政書士も行政書士の職域を
よく知らない場合があります。

 

行政書士が、依頼者とトラブルになっている
相手方と、報酬を得る目的で「示談」することは、
犯罪行為です。

また、行政書士が遺産の分割協議書を作成

する場合、当事者間でもめている。

この場合は、行政書士は仕事を受けるべき

ではありません。

 

弁護士法(弁護士法72条)に抵触するからです。

示談交渉をして、実際に逮捕された
行政書士もいます。

逮捕ということにならなくても、
行政書士は、できる仕事の範囲(職域)を
しっかりと把握しておかなければ
なりません。

 

関連記事

  1. 非常識な行政書士事務所の成功方法
  2. ゆるい人間関係が、お客様につながってくる
  3. 付き合わない人を決める
  4. 「退職ナビ」の記事を私が監修をしました
  5. 行政書士の顧客ターゲットは絞れ!
  6. 行政書士として取り組むニッチな業務
  7. マーケティングの勉強が必要!
  8. 行政書士と弁護士との縄張り争い?

最近の記事

PAGE TOP