知的財産権講座第245回:著作権登録のメリットは?

著作権登録のメリットは?

著作権は著作物を創作したときに自動的に
発生するそうですが、登録することのメリット
はあるのですか

著作権は、申請なしで発生します。

 

一方、特許権は、特許庁に出願し、審査が通らないと
権利が発生しません。

 

私の書いたイラストを、無断でコピーしてブログで
公開している。
著作権の侵害で訴えてやるという場合を
考えてみます。

 

この場合、イラストの著作権が、誰にあるのか
争いとなることがあります。

その際、著作件登録してあると、
このイラストの著作権は、私が持っています
という証明が簡単になります。

 

また、著作権登録をすれば、このイラストは、
私が著作権を持っていますと、公に明らかに
示すことができます。

 

著作権登録原簿を見れば、誰でも著作権
を持っている人を確認できます。

これは不動産の登記と同じと考えてください。

著作権登録は、文化庁に申請し、行います。

著作権登録申請は、行政書士のみが申請者
に代わって報酬をもらってすることができます。

関連記事

  1. 知的財産権講座第253回:特許権を取得するためには?
  2. 著作権は弁理士の仕事じゃないの?
  3. 知的財産権講座第38回:知財戦略
  4. 知的財産権講座第312回:著作権に関する行政書士の業務
  5. 知的財産権講座第112回:デザインは未完成なのに無断で公表された…
  6. そんなに安い費用では特許出願はできません
  7. 知財経営の実践(その4)SWOT分析
  8. 知財経営の実践(その6)特許調査

最近の記事

PAGE TOP