危ない情報コンサルタント!

情報コンサルタントとしての実例、
昔の話です。

私の会社の上司が、会社を退職し
情報コンサルタントを開業しました。

なんと、彼がそれまで勤務していた
会社の業務に関するコンサルタントです。

自分が勤務していた製造ノウハウを
他社に売っていたのです。

 

製造ノウハウは、製品の不良率低減
にはかかせないものでした。

それは新規事業でしたので、ライバル会社
にとっては、ノドから手が出るほど
欲しい情報だったようです。

自分が勤務していた頃の情報は
ある程度、時が経てば古い
使えない情報となります。
元の部下から情報を入手します。

○○○君、久し振りだね
元気ですか

ノウハウをまとめて、渡してくれれば
謝礼を渡しますよ。

彼の情報の入手方法は、何か

 

お金に目がくらんで、情報を
売る人もいたんでしょうね

彼が、その後コンサルタントとして
どうなったかは不明です。

私は、今は「営業秘密の流出」
防止する対処を学んでいますので、
防止策は、よくわかります。

しかし、その当時は事の重要さが、
今ほどは、わかっていませんでした。

コンプライアンス違反のコンサルタントの
情報の「売買」の実例でした。

 

関連記事

  1. 開発技術者時代の特許調査とは?
  2. 行政書士は、事務弁護士か?
  3. 知的資産経営その21(応用技術の保護)
  4. 知的財産権講座第318回:公表していない著作物を保護したい
  5. 知的財産分析についてアドバイスしました
  6. 知的財産権講座第82回:出願公開された発明をまねされたら?
  7. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  8. 登録商標の管理の相談

最近の記事

PAGE TOP