技術系行政書士としてのブランディング

技術系行政書士としてのブランディング

を考えています。

「キャッチフレーズを読んでもコアとなる専門が不明確だと
依頼側もなかなか仕事を頼みにくいものです。」

との某集客アドバイザーからのアドバイスにより
キャッチフレーズを考えました。

キャッチフレーズとは、自己紹介とは違います。
あなたは、何をお客様に提供できるのか?

「キャッチフレーズ」として、私の場合は、

「材料技術者および特許技術者として、
長年にわたって経験した知識・技術を最大限に生かし

特許調査・技術文献作成、

著作権・プログラムなどの登録の申請代理、

ライセンス契約など知財活用の
お手伝いをします。」

あなたのキャッチフレーズは?

 

関連記事

  1. 危ない情報コンサルタント!
  2. スポットコンサルのビザスクを体験してみた
  3. 中小企業・ベンチャー企業の支援をしていきます
  4. 技術アドバイザーとして登録しました
  5. 売れるものは頭の中にあった!
  6. メニューがないと注文できない?!
  7. 知財経営の実践(その1) 将来の収益性予測
  8. 行政書士開業はローリスク

最近の記事

PAGE TOP