会社設立

  1. 会社設立の流れその7(役員)

    株式会社の役員会社設立には、お金を出す人である「発起人」と、会社を運営す人が必要です。会社を運営する人である「役員」が、会社には必要です。役員としては、取締役、代表取締役、監査役などがあります。役員には実際に、会社を運営していくよいう重大に任務があります。

    続きを読む
  2. 会社設立の流れその6(発起人)

    発起人と役員会社設立には、お金を出す人である「発起人」と、会社を運営す人が必要です。発起人は、会社を設立するにあたって、1円以上の株を引き受けます。発起人は、会社を設立していくための、いろいろな事項を決めます。そして、会社設立後は株主となります。

    続きを読む
  3. 会社設立の流れその6(商標登録)

    商号の商標登録他人の登録商標と同一あるいは類似の商号を使用する場合は、商標権の侵害として訴えられるおそれがあります。もし、他人の登録商標と同一あるいは類似の商号を使用すると、損害賠償請求や差し止め請求を受けるおそれがあります。商標と商号は、別のものです。

    続きを読む
  4. 会社設立の流れその5(商号)

    会社の名称(商号)の決め方定款の記載事項の中で会社の名称(商号)を決めなければなりません。会社の名称(商号)は、自分で好きなように決められます。しかし、どのような商号で認められるするならば、他社の商号や商標と混同して社会に混乱を招くおそれがあります。

    続きを読む
  5. 会社設立の流れその4

    商号の調査定款の記載事項の中で会社の名称(商号)を決めなければなりません。会社の名称(商号)は、自分で好きなように決められます。しかし、会社設立登記のさいには、一定の規則があります。

    続きを読む
  6. 会社設立の流れその3

    株式会社設立の大まかな流れ株式会社設立の手続きは、大まかな流れとして、次のようになります。

    続きを読む
  7. 会社設立の流れその2

    株式会社設立の大まかな流れ株式会社設立の手続きは、大まかな流れとして、次のようになります。

    続きを読む
  8. 会社設立の資本金その2

    会社設立の資本金はいくらにすればよいか?会社法によれば、資本金は1円でもよいです。しかし1円でよいでしょうか?資本金を決めるためには、次のいくつかの観点があります。

    続きを読む
  9. 会社設立の資本金その1

    会社設立の資本金はいくらにすればよいか?会社法によれば、資本金は1円でもよいです。しかし1円でよいでしょうか?会社をつくる目的はなんでしょうか。会社設立の目的のひとつは、社会的信用を得ることです。資本金1円では、社会的な信用が得られるか?疑問です。

    続きを読む
  10. 会社設立の費用その2

    電子定款認証会社設立の中でもその数が多い株式会社設立の費用ははいくらかかるか?株式会社設立の費用は、次の3つとなります。1.定款の認証費用2.設立登記の登録免許税3.会社の登記事項証明書、印鑑証明書の取得費用1.定款の認証は、公証役場が窓口です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る