知的財産経営と行政書士(1)

知的財産コンサルタントを目指している私としては
何を目指しているのか?
何者になろうとしているのか?
を明確にしておきたいと思います。

知的財産経営と行政書士シリーズの開幕です。
できるだけ具体的にわかりやすく簡潔にです。
お付き合い願えればと思います。

まずは知的財産経営とは何か?
「知的資産経営」との違いを明らかにしておきたいと
思います。

知的資産経営については、私の前のブログで
紹介しています。

会社の競争力が、技術的要素では無い場合は、
「知的資産経営」が有効になります。
例えば、ブランド力が技術以外の強みで
競争力を持っている場合です。

会社の競争力が、技術的要素の場合は、
「知的財産経営」が有効な手段になります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第95回:特許権は売買できる
  2. 難しい言葉や専門用語を使ってはいけない
  3. 著作権法は、学びにくい!
  4. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  5. 知的財産権の問い合わせを歓迎します
  6. 知的財産権講座第196回:商標出願、知らないではすまされないポイ…
  7. 「知財経営の実践」の記事の連載を始めました
  8. 知的財産権講座第174回:商標管理の相談

最近の記事

PAGE TOP