知的財産権講座第240回:著作隣接権とは?

著作隣接権

 

歌手スマップな(実演家)には、
著作隣接権があります。

著作物を公衆に伝達することも、
「文化の発展」に重要だからです。

具体的には、
録音・録画だけでなく、無断で放送、
送信化されない権利を持ちます。

さらに、歌手など(実演家)は、
「氏名表示権」と「同一性保持権」
も認められています。

 

「氏名表示権」とは、
自分のCDのジャケットに自分の名前がなかったら、
精神的に傷付きます。

 

権利として保護してあげなければ
なりません。

「同一性保持権」とは、
自分の演奏が、DVDで勝手に変えられたりしたら、
精神的に傷付きます。

 

権利として保護してあげなければ
なりません。

 

「氏名表示権」と「同一性保持権」は、
著作者人格権です。
精神的な保護をする権利です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第311回:著作権侵害を気にせず楽しむ
  2. 知的財産権講座第72回:特許出願の拒絶理由通知への対応(1)
  3. 行政書士業務ごとの関連を知る
  4. 知的財産権講座第301回:回路配置利用権の登録も行政書士の仕事で…
  5. 知的財産権講座第92回:外国出願をするかどうか?判断
  6. 知的財産権講座第280回:有名絵画の加工は大丈夫ですか?
  7. 知的財産権講座第124回:この場合は著作権の侵害になるの?
  8. 知的財産権講座第308回:著作権と行政書士(2)

最近の記事

PAGE TOP