知的財産権講座第212回:著作権を取りたいとの相談

著作権を取りたいとの相談

著作権を取りたいのですが、
どうしたらいいのですか

著作権は、特許権や商標権と異なり出願・登録する
ことなく著作物の創作によって自然に発生します。

著作権を取るためには、何らの手続きや
申請は必要ありません。

 

著作権の登録を取るということと
勘違いされた方の質問と思われます。

 

著作権を登録することにより確かに、
私が著作権を持っている、この日に著作物を
公表したという証明を得ることができます。

著作権を誰が持っているか、著作権の有効期間内
かなどの争いを未然に防止することができます。

また他人の著作権を譲渡する際の対抗要件具備
などのため登録制度が著作権法上用意されています。

簡単に言えば、著作権の登録は不動産の登記
に似ています。
確かに、著作権は私のものだとという
お墨付きをもらうということです。

文化庁への著作権登録申請業務は、
行政書士の専管業務となっています。

■著作権分野
・ 著作権登録申請
・ プログラム著作物登録申請
・ 著作権等管理事業登録申請
・ 著作権者不明等の場合の裁定申請

関連記事

  1. 知的財産権講座第154回:知っておくと役立つ特許の話
  2. 知的資産経営その15
  3. 知的財産権講座第106回:著作者になるには、どうすればよいのか?…
  4. 知的財産権講座第290回:コンサルティング契約を結ぶ時の注意点
  5. 行政書士は知的財産権の出願手続はできません
  6. 知的財産権講座第184回:ブログの記事の知的財産権は誰のもの?
  7. 特許調査をするための条件は?
  8. 知的財産権講座第174回:商標管理の相談

最近の記事

PAGE TOP