知的資産経営第31回:中小企業には特許戦略がますます必要

中小企業には特許戦略がますます必要

特許戦略なんて大企業が考えること、
中小企業には関係がない
と思っている場合が多いです。

 

しかし、最低限、自分の技術を守りビジネス
を守ることをしないと大変なことになる
場合があります。

 

身を守るためには最低限のことはして
おくことが大切です。

 

順調にビジネスが進行していった頃に、
「あなたの会社は私の持つ特許権を
侵害しています」
という警告状が届いたらどうでしょう。

慌てふためくかもしれません。

自分の技術を守るために特許を取得して
おくというのは王道ですが、いかんせん
特許取得には費用がかかります。

 

そこで、特許を取得しないまでも、
自分を防衛する手段を取っておくことも
必要です。

ざっくり言えば、自分は、特許侵害だと言ってきた
特許出願前から、技術開発をしていた
という証拠を公証役場で確定日付として
取得しておくのです。

特許取得に比べれば大幅に少ない費用で済みます。

自分の身は、自分で守る手段を考えておくことが
大切です。

関連記事

  1. 行政書士は、攻めのコンサルタント(2)
  2. 知的財産権講座第242回:スマートフォンの外形デザインは著作物で…
  3. 知的財産権講座第17回:特許協力条約
  4. 特許調査の報酬は高いです
  5. 知的財産権講座第255回:モデルの肖像権
  6. 特許調査の契約は簡潔でした
  7. 専門家とは?
  8. 知的資産経営その48(弁理士や弁護士の選定)

最近の記事

PAGE TOP