知的財産権講座第248回:中小企業にも特許戦略は必要

中小企業にも特許戦略は必要

 

小さな会社は、特許なんて関係ない
知らないということが普通です。

技術の高い企業、大企業が気にすべきもの、
自分達には、関係ない。

しかし自分の技術を守るために特許戦略は必要です。

また他社の特許を、
「あなたの会社の製品は、我が社の特許権
に抵触している」という警告状が届くという
ことがあるかもしれません。

これをレターと呼ぶことが多いです。

これを防ぐためには、考えることは
2つあります。

①特許取得できる技術は、権利化しておく。

②権利化しないまでも、対抗措置として
先使用権(特許法79条)の証拠固めを
しておく。

「先使用権」とは、
別の会社が、その技術を特許出願前から、
自社でも同じような開発をしていたと証拠固めをしておく。

それが認められれば、継続して事業ができるというものです。
そのための準備です。

公証人役場などで、確定日付を取得
することなどが有効です。

これは、行政書士の知財業務の一つ
と思います。

わかりやすくいうと、
自分の持っている特許権と同様な他人の実施
を止められます。

しかし、もともと使用していたものが、
実施できなくなるのは不公平ですよね
だから、特許権の侵害ではないとして
認めましょう
ということです。

関連記事

  1. 知財経営の実践(その4)自社の競争力分析
  2. 知財経営の実践(その7) 特許出願とノウハウの保護
  3. 知的資産経営その31(商標権活用戦略)
  4. 「知財経営の実践」の記事の連載を始めました
  5. 知的資産経営第38回:知的資産とは何か?
  6. 知的財産権講座第258回:発明の保護のため公証役場を利用
  7. 知的財産権講座第141回:商品のネーミングを商標で守ることが大切…
  8. 知的資産経営第17回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット

最近の記事

PAGE TOP