知的財産権講座第213回:登録商標の使用

商標権の侵害

登録商標は、正しく使用しないと
せっかく登録を受けたのに
取り消されてしまうかもしれません。

注意しましょう

今回は、そんな、お話です。

甲は、洋菓子店を営んでおり、自分で
創作した洋菓子に「レ・タフェ・ボンジュール」
という名前を付けて販売していました。

しかし、ある日、X社から「レ・タフェ・ボンジュール」
は、X社の登録商標であるため、商標の使用を
差し止める旨の警告を受けた。

警告状=ラブレターと特許などの世界では言います。

警告した相手への熱愛ということでしょうか

さて、甲はどう対応したらよいでしょうか

 

商標の使用を差し止められたら、
甲は、この洋菓子を売れなくなります。

包装に、この名前を付けていたらそれも
廃棄しなければなりません。

この洋菓子は、評判のよいよく売れる商品です。
かなりお客さんに、その名前がよく知られています。

今、すぐに商標を変更すればよいという
わけにもいかないようです。

このような場合は、あわてず騒がず
対応が必要です。

まずは、警告してきたX社の商標について
調査をすることが必要です。

この場合の甲の対応策については、
知的財産技能管理士の実技試験問題から

関連記事

  1. 知的財産権講座第53回:著作権
  2. 知的資産経営その26(ライセンス契約の詳細)
  3. 著作権プラス英語で付加価値を!
  4. 商用利用でも無料で写真検索サービス
  5. 知的財産権講座第304回:ここが危ない!著作権
  6. 知的財産権講座第217回:著作権の売買
  7. 知的財産権講座第54回:営業秘密の保護
  8. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外

最近の記事

PAGE TOP