知的財産権講座第277回:自分の知的財産権を守りましょう!

自分の知的財産権を守りましょう!

 

自分で創作した知的財産を無断で使用された。
抗議をしたが、相手は自分が先に創作した
と言い張って埒が明かない。

相手は、自分の著作権の侵害ということになるのか?

このような争いになった場合、裁判で争えばよい。

しかし、費用もかかるし時間もかかります。

そこで、行政書士が作成する「知的財産の存在事実証明書」
を利用しましょう。

 

「存在事実証明」は、知的財産の申請や公開・発表を
する前に権利侵害があった場合に
証拠資料となりえるものです。

 

存在証明は、あくまで確定日付日時点での存在を
証明するものです。

著作権登録に変わるものではありません。

勘違いしないようにしてください。

公表までの期間の独自創作の立証を明確にするもの
と考えると良いでしょう。

未公開・未出版の著作物については、著作権登録の
対象外となりますが、存在事実証明を行うことで
保護することができます

まず「知的財産の存在事実証明書」を世の中に
知ってもらうことが必要です。

そして、
知的財産の存在事実証明書の作成が
行政書士の仕事であることも
知ってもらうことが必要です。

関連記事

  1. 素人に仕事を依頼したいですか?
  2. 著作権マニュアルの解説を出版する
  3. ブログを画像で飾りましょう!
  4. 知財コンサルタントに求められること?(1)
  5. 知的財産権講座第50回:商標権
  6. 「知財経営の実践」の記事の連載(第2回)
  7. 知的財産権講座第325回:契約書は米国スタイルで
  8. 知的財産権講座第219回:商標権を侵害していると警告

最近の記事

PAGE TOP