知的財産権講座第277回:自分の知的財産権を守りましょう!

自分の知的財産権を守りましょう!

 

自分で創作した知的財産を無断で使用された。
抗議をしたが、相手は自分が先に創作した
と言い張って埒が明かない。

相手は、自分の著作権の侵害ということになるのか?

このような争いになった場合、裁判で争えばよい。

しかし、費用もかかるし時間もかかります。

そこで、行政書士が作成する「知的財産の存在事実証明書」
を利用しましょう。

 

「存在事実証明」は、知的財産の申請や公開・発表を
する前に権利侵害があった場合に
証拠資料となりえるものです。

 

存在証明は、あくまで確定日付日時点での存在を
証明するものです。

著作権登録に変わるものではありません。

勘違いしないようにしてください。

公表までの期間の独自創作の立証を明確にするもの
と考えると良いでしょう。

未公開・未出版の著作物については、著作権登録の
対象外となりますが、存在事実証明を行うことで
保護することができます

まず「知的財産の存在事実証明書」を世の中に
知ってもらうことが必要です。

そして、
知的財産の存在事実証明書の作成が
行政書士の仕事であることも
知ってもらうことが必要です。

関連記事

  1. 「知財経営の実践」の記事の連載(第24回)
  2. 知的財産権講座第110回:著作者が持つ権利とは
  3. 知的財産権講座第206回:外国出願の手続きはどのようなものか?
  4. 知的資産経営第22回:知的財産経営に必要な知識
  5. 知的財産権講座第33回:著作権
  6. 知的財産権講座第181回:ネットビジネスの方法は、著作権で保護さ…
  7. 著作権の問題、どこに相談したらよいのか?
  8. 専門用語を使ってはいけない

最近の記事

PAGE TOP