新たに知財関連補助金業務に取組みます

新たに知財関連補助金業務に取組みます。

補助金を利用した、知的財産関連の出願のサポートです。

この業務を扱っている行政書士は、全国でも
一けたくらいの人数しかいません。

知財分野の専門性・難しさもあり、他の行政書士
が通常扱う補助金申請業務に比べ、その難易度
はとりわけ高いです。

そのためか、知財関連補助金業務にたずさわる
行政書士はほとんどいません。

行政書士のブルーオーシャン業務といえます。

しかし、顧客の方のニーズはあるのか?

補助金のニーズはかなりあります
(外国出願をする中小企業の関心は資金にある、との
特許庁の統計があります)。

お金がないので、費用がかかる外国出願ができない
中小企業が多いのです。

特許法等の「知財」にまつわる直接・間接の知識が

必要な業務であるため、私には最適な業務です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第289回:著作権の侵害かどうか?
  2. 知的財産権講座第126回:著作権法の対象とは?
  3. 知的資産経営その41(海外模倣品対策)
  4. 知的財産権講座第210回:改正著作権法
  5. 知的財産権講座第275回:勘違い?著作権は登録が必要
  6. 知的財産権講座第21回:知財戦略
  7. 私の住んでいる街で、知財業務をやっている人
  8. あなたのブログを本にしませんか

最近の記事

PAGE TOP