知的財産権講座第259回:知的財産制度を悪用

知的財産制度を悪用

知的財産制度を悪用、経産省が「怪物」退治へ

一般の人には、わかりにくい内容です。

経済産業省は、特許や商標、著作権などの
知的財産制度を悪用して不正に利益を
得ようとする「知財トロール(怪物)」
の対策に乗り出す。

 

知財トロール(怪物)、
北欧の怪物「トロール」になぞらえています。

 

基本的に技術開発を行わず、第三者などから買い集めた
特許を利用し、裁判によって過大な和解金や
ライセンス料を求める。

 

この集団が近年、米国外に対象を拡大しており、
日本への進出も懸念されています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第103回:特許調査の方法(1)
  2. 知財検定の勉強方法
  3. 「知財経営の実践」の記事の連載(第2回)
  4. 知的財産権講座第105回:特許調査結果から
  5. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?
  6. 知的財産権講座第296回:ファッションビジネスに知的財産権を活か…
  7. 知的財産権講座第69回:会社の従業員等が発明した場合(1)
  8. 知的財産権講座第27回:著作権の利用

最近の記事

PAGE TOP