知的財産権講座第242回:スマートフォンの外形デザインは著作物でしょうか

スマートフォンの外形デザインは著作物でしょうか

 

著作物は、
「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」

スマートフォンの外形デザインは、文化の発達に
貢献するものというより産業の分野に属します。

したがって著作物ではないです。
「工業デザイン」は、著作物では
ありません。

デザインを保護したいなら、意匠権を
取得することになります。

意匠については、別の機会に
ご紹介したいと思います。

では、会津を代表する張子人形「赤ベコ」
牛の人形は、著作物でしょうか
文化に属しそうです。

しかし量産できれるとすれば、
産業分野に属しそうです。

たとえ量産できたとしても美的鑑賞用なら、
著作物としての保護が認められます。
ということで著作物です。

著作物とは、
「思想又は感情を創作的に表現したもの
であって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に
属するもの」著作権法2条1項1号
と定義されています。

関連記事

  1. 知財コンサルタントに求められること?(4)
  2. わかってもらえませんね!
  3. 行政書士は知的財産権も業務なの?
  4. 100万円以内の特許情報分析の提供が無料
  5. 知的財産権講座第80回:緊急の特許出願の場合
  6. 知的資産経営第28回:知財経営導入で増える利益額は?
  7. 知的財産権講座第276回:商標出願が話題
  8. 知財経営の実践(その3) 知財の宣伝効果

最近の記事

PAGE TOP