知的資産経営その14

技術開発を実施するにあたって注意すべきこと

技術開発においては、市場情報、最新の技術動向、顧客ニーズを調査しておくことが必要です。
さらに技術開発を始める前には、知的財産権についても意識することも重要です。
そのため、技術開発を始める前に特許調査を行いましょう。

 

技術開発を始める前の特許調査

中小企業にとっては、技術開発を始める前の特許調査は特に重要です。
研究開発費用に十分な余裕がない場合が多いために、投資が無駄となることを防ぐ必要があるからです。

例えば、研究開発のテーマを決めるときには、特許調査をすることが必要です。
研究開発を始めて、新製品の開発ができて、いよいよ製品を発売するという段階になって、開発した新製品と類似した特許出願がすでにあることを見つけました。
こうなると、新製品の発売を中止するか、あるいは類似した特許出願の技術を避けるための技術検討が必要となります。
特許調査をしっかりとしないで、研究開発を始めると、研究開発費用や特許出願費用が無駄になってしまいます。

特許情報を的確に調査しないと、企業にとって大きなリスクとなり、経営方針にまで影響を及ぼすことになります。

また、特許調査から自社が取り組むべき技術開発テーマを見つけることができます。
他社が未だあまり技術開発を行っていない分野を見つけて特許を取得してしまえば、その分野の市場を独占することができます。
たとえ、その分野の市場を独占することができなくても、他社の参入を抑制することができます。
その分野の主要な1社として市場で優位に立つことも可能です。

 

特許調査の外部専門家の活用

大企業おいては、知財部門が技術開発部門と二人三脚で技術開発テーマの選定、技術開発前の特許調査を行います。
大企業の知財部門では、特許情報検索のノウハウや該当分野の技術を熟知している特許調査の専門の部署があります。
しかし、中小企業では、知財部門を持つことはコストがかかり大変です。
そこで、特許調査のアドバイスや特許情報検索の指導をしてくれる専門家の活用を検討してみましょう。

関連記事

  1. 知的財産権講座第177回:著作権
  2. 知的資産経営その28(意匠出願)
  3. 知的財産権講座第175回:著作権の登録が必要です!
  4. 知的財産権講座第129回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  5. 知的資産経営その8
  6. 知的資産経営その19(第三者の技術活用)
  7. 知的財産権講座第230回:ホームページに関する著作権の問題
  8. 知的財産権講座第93回:外国出願の補助金制度を使う

最近の記事

PAGE TOP