知的資産経営その28(意匠出願)

意匠制度の概要

 

意匠とは

 

意匠権は、工業製品のデザイン全般が保護対象です。
どのようなデザインも意匠権で保護されるわけではありません。
量産される工業製品の美的デザインが保護対象です。
工業製品ということのなので、構想段階のデザインや形のないものは対象になりません。
美的デザインであっても、工業製品である必要があります。
絵画や彫刻は、美的デザインですが、工業製品でありませんので対象になりません。
意匠法は、産業の発達を目的としていますので、芸術分野は対象とはならないわけです。
しかし、たとえばこけしのような工芸品の場合、一定数の量産が可能ですので、対象になります。
意匠権の対象は、「視覚を通じて」ですので、手触りや匂い、香りのデザインは対象ではありません。

 

意匠登録の要件

 

意匠について登録を受けるためには、次の要件を満たす必要があります。
登録前に公表されたデザインは、新規性がないとして登録できません。
ただし、例外的にすでに知られてしまった意匠でも、知られた日から6ヶ月以内に、一定の手続きをすれば、新規性を失わなかったものとみなされます。
これは、意匠が出願前に消費者モニター調査などを経て決定されることがあるという実情を考慮したものです。
意匠は、すでに知られているものと同一だけでなく、類似のものは登録できません。
また、意匠は容易に創作できたデザインでないことが求められます。
意匠の創作を保護するものなので、すでに世の中にあるデザインや形をたんに寄せ集めたり、構成を変えた程度ものものは対象にはなりません。
意匠は、工業製品の美的デザインを保護するものです。
したがって、機能的なデザインは保護されません。
ネジの構造は、その製品の機能を確保するために不可欠なもので、意匠の保護対象にはなりません。

 

意匠出願から意匠登録まで

 

・出願前の調査

意匠権は、他の意匠出願より先に出願しなければなりません(先願)。
先に同一あるいは類似した意匠出願がないか、意匠登録の要件を満たしているかの調査が必要です。
意匠の場合は、同一だけでなく類似しているかどうかを調査する必要があります。
意匠の場合は、類似の範囲の判断が難しいです。
この点について専門家の判断をあおぐことも重要です。

・出願
デザインを創作しただけでは、自動的に意匠権は与えられません。
意匠権を取得するためには、意匠出願を特許庁にして登録を受けなければなりません。
願書に出願人として一定の情報を記載するとともに、デザインを図面や写真などにまとめて出願をします。
特許庁に出願をすると、出願番号が与えられます。
出願費用は、16000円

・方式審査と補正
意匠出願は、出願書類が形式的に不備がないか手続き上において不備がないかの審査がなされます(方式審査)。
もし出願書類に形式的に不備がある場合でもいきなり却下とはなりません。
補正命令が出されます。
定められた期間内に補正をし問題が解消されれば、次の実体審査へと進みます。

・実体審査から登録査定
方式審査を通過すると、意匠としての登録要件の審査が行われます。
登録要件を満たしていない場合は、拒絶理由が通知されます。
これに一定期間内に応じて、補正書や意見書を提出して拒絶理由が解消すると、登録査定となります。
拒絶理由が解消しないと拒絶査定となります。
拒絶査定に不服がある場合は、拒絶査定不服審判を請求して審決を求めることができます。
さらに審判の結果にも不服ならば、審決の取消を求める道もあります。

・登録
登録査定が出たら、登録料を支払い、登録された時点で意匠権が与えられます。
その後、発行される意匠広報で公表されます。
意匠権は、登録の日から20年間が保護期間です。
意匠権者には、特許庁から意匠登録証が交付されます。
登録料は、1年~3年目の場合は、毎年8500円
4~10年目は、毎年16900円
11~19年目は、毎年33800円

関連記事

  1. 知的資産経営その7
  2. 知的財産権講座第141回:商品のネーミングを商標で守ることが大切…
  3. 知的財産権講座第284回:知財検定からスタートしましょう
  4. 知的財産権講座第168回:デザインを保護したいという相談
  5. 知的財産権講座第279回:だまされないで!著作権登録
  6. 知的財産権講座第48回:著作権
  7. 知的資産経営その3
  8. 知的財産権講座第56回:民法など

最近の記事

PAGE TOP