クラウドワークスを利用してみました

私が、まだ会社に勤務しているときに、副業のために
クラウドソーシング「クラウドワークス」に登録しました。

たまに私の登録しているプロフィールをみた方から
仕事の依頼があります。

中小企業 個人事業主向けの特許サービスを

行っている特許事務所から特許調査・商標調査の

依頼がありました。

まずは、秘密保持契約を結んで仕事の内容を確認する

ところからスタートです。

クラウドワークスがシステム手数料が報酬から

差し引かれます。

クラウドワークスの利用料は以下です。

システム利用料の割合
– 「10万円以下」の部分:契約金額の20%
– 「10万円超20万円以下」の部分:契約金額の10%
– 「20万円超」の部分:契約金額の5%

この手数料が高いのか妥当なのか?

一見高いと思えるシステム利用料ですが、以下のメリットが

あります。

「報酬の未払いトラブルの防止」
「業務範囲や単価の交渉」「契約書作成」「請求処理」 など

の手間を省けます。

視点を変えれば初心者に優しいサービスともいえます。

副業を始めてみたいという人には、よいシステムだと
思います。

関連記事

  1. 知的財産権講座第242回:スマートフォンの外形デザインは著作物で…
  2. 知的財産権講座第262回:知的財産法は「縦」と「横」で
  3. 外国特許弁護士との交流
  4. 知的資産経営その44(外部専門家から知財の支援を受ける)
  5. 知的財産権コンサルタントとは認められない
  6. 知的財産権講座第248回:中小企業にも特許戦略は必要
  7. 知財検定の出題傾向分析(2)
  8. 知的財産権コンサルタントとして開業

最近の記事

PAGE TOP