行政書士の仕事は実に幅広い

行政書士の仕事は実に幅広い

阪本行政書士法務事務所の阪本さんの
「行政書士の仕事の幅は広い」の記事

まさに、その通りです。

 

著作権手続きも行政書士の仕事の範囲内なのです。
よく弁理士でないとできないと思いがちですが、
行政書士でも可能です。

こちらのブログでは、まだ開業準備中みたい
ですが知的財産について解説されています。

阪本さんは、借用書作成専門というように、
業務を絞っておられます。

なぜ、借用書作成専門なのかについては
こちらに書かれています。

私が借用書作成専門行政書士になった理由

自分の経験や知識を活かして、自分の
専門を絞ることは重要だと思います。

行政書士の幅広い仕事の中で、専門を
絞っておられます。

専門を絞れば、その分野で、他の人より
早くプロになれる可能性があります。

その業務での自分の強みを発揮できること
にもなります。

参考になりました。

関連記事

  1. 知的財産権講座第283回:知的財産活用の助成金を利用する
  2. 今、知っておきたい現代人に必須のスキル
  3. 知的財産権講座第243回:著作権の保護期間
  4. 知的財産権講座第133回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  5. 行政書士業務ごとの関連を知る
  6. そんなに安い費用では特許出願はできません
  7. 知的財産権講座第41回:意匠権
  8. 知的資産経営その25(ライセンス契約)

最近の記事

PAGE TOP