知的財産権講座第192回:著作権法のポイント

著作権法のポイント

 

著作権法を理解するには、ここがわかればいい!
というポイントがあります。

その一つを紹介します。

著作隣接権です。

著作隣接権とは、

歌手やピアニストなどの実演家に与えられた権利です。

ピアニストなどの実演家には、
著作権は与えられません。

著作隣接権といっても、何それ?!
という感じがあるかと思います。

ところで、
歌手やピアニストなどの実演家にとって
自分の名前が、CDのジャケットになかったり
演奏が勝手に変えられていたら、
精神的に傷つでしょう。

そこで、実演家が自分の氏名を表示できる権利
(氏名表示権)と、演奏の内容を勝手に変えられない
権利(同一性保持権)が認められています。

著作隣接権は、プロの実演家だけに認められている
わけではありません。

著作隣接権は、素人であっても認められます。
注意すべき点です。

関連記事

  1. 行政書士の資格を忘れた訳ではない
  2. 知的資産経営その1
  3. クラウドワークスを利用してみました
  4. 知的財産権講座第153回:知っておくと役立つ特許の話
  5. 特定電子メール法
  6. 知的資産経営第7回:なぜ知財経営が必要なのか?
  7. 行政書士の複業のススメ
  8. 知的財産権講座第271回:事実の報道は、著作物ですか

最近の記事

PAGE TOP