知的財産権講座第192回:著作権法のポイント

著作権法のポイント

 

著作権法を理解するには、ここがわかればいい!
というポイントがあります。

その一つを紹介します。

著作隣接権です。

著作隣接権とは、

歌手やピアニストなどの実演家に与えられた権利です。

ピアニストなどの実演家には、
著作権は与えられません。

著作隣接権といっても、何それ?!
という感じがあるかと思います。

ところで、
歌手やピアニストなどの実演家にとって
自分の名前が、CDのジャケットになかったり
演奏が勝手に変えられていたら、
精神的に傷つでしょう。

そこで、実演家が自分の氏名を表示できる権利
(氏名表示権)と、演奏の内容を勝手に変えられない
権利(同一性保持権)が認められています。

著作隣接権は、プロの実演家だけに認められている
わけではありません。

著作隣接権は、素人であっても認められます。
注意すべき点です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第286回:会社設立には商標の調査も必要です
  2. 知的財産権講座第317回:著作者不明の著作物を利用したい
  3. 知的財産権講座第111回:なんと無断でデザインを変更された!
  4. 知的財産権講座第141回:商品のネーミングを商標で守ることが大切…
  5. 知的財産権講座第159回:知っておくと役立つ特許の話
  6. 知的財産法Q&A(商標法)
  7. 知財経営の実践(その5) 特許情報
  8. 知的財産権講座第68回:複数の発明でも1つの出願とすることができ…

最近の記事

PAGE TOP