知的財産権講座第163回:知っておくと役立つ特許の話

他人から特許権を侵害されたとラブレターが届いた
どうすればよいのか

 

他人からラブレターをもらった場合の対応

他人から以下のような、特許侵害の警告状
が届くことがあります。

まず他人から、あなたの会社は私の会社の
特許権を侵害しています。
ついては、話し合いたい。

 

業界では?ラブレターが届いたと言います。
ラブレターですから、他人から
恋い焦がれられているということでしょうか

 

このラブレターが届いた場合の対応について、
紹介します。

もし、このようなものが届いても
あわてず、じっくり検討することが必要です。
この検討について、特許権の侵害について、
学べるよいテーマです。

また、知財の実務でも重要な仕事です。
次回からシリーズで、紹介します。

関連記事

  1. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  2. 知的財産権講座第53回:著作権
  3. 知的財産権講座第40回:知財戦略
  4. 知的財産権講座第221回:コンピュータプログラムは著作権登録もし…
  5. 知的財産権講座第285回:ブログに好きな俳優の写真を掲載したい
  6. 知的財産権講座第179回:TPPで著作権保護が「死後70年」に延…
  7. 知的資産経営その8
  8. 知的資産経営その46(知財コンサルティング)

最近の記事

PAGE TOP