知的資産経営第15回:知的資産経営と行政書士の役割

知的資産経営コンサルティングの勧め

知的資産経営とは何でしょうか?

 

これでピンとくる人は、かなりの経済産業省通です。
残念ながら一般的には、あまりというかほとんど
認知されていません。

 

経済産業省や行政書士会は、知的資産経営について
一般の方々に啓蒙活動を行っています。
もちろん、詳しくは以下に掲載されています。

 

知的資産経営ポータルサイト(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/intellectual_assets/

私が、おこがましくも知的資産経営について知らない
知らないクライアントあるいは一般の方に
説明するとしたら。

 

「知的資産経営」とは、中小企業やベンチャー企業等
の持っている人材、技術、技能、組織力、ネットワーク、
ブランド等の潜在的な価値(資産)を発掘します。

 

そして、知的資産経営報告書等を用いて、
その見える化を図ります。
積極的に事業経営に取り入れる経営戦略・手法
のことです。

 

行政書士会によると、知的資産経営こそが、専門業務を
持つ行政書士にふさわしいとのことです。

 

知的資産経営は、私が今まで、経験してきた商品企画
の仕事の一部を活かせるかもしれない分野と思いました。
また、私の知的財産権の知識を活かせるものです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第123回:著作権は、いつ消滅するのか?
  2. 知的財産権講座第287回:著作権の調査も行政書士の仕事
  3. 著作権業務を行政書士が扱うの?
  4. 知的財産権講座第309回:特許を持っていると儲かりますか?
  5. 知的財産権講座第44回:商標権
  6. 知的財産権講座第128回:著作権の問題
  7. 知的資産経営第40回:脅威のアジア企業‎に対抗する手段は?
  8. 知的財産権講座第98回:著作権の権利処理・調査

最近の記事

PAGE TOP