知的財産権講座第101回:著作権の存在事実証明

著作権の存在事実証明

創作物を公表してしまえば、
著作権登録で法的に保護
を受けることができます。

しかし、未発表の創作物は
どのように法的に保護したら
よいのでしょうか

・創作した小説を発表するまでの
間、保護する手段はありませんか?

・自分の作曲した音楽を発表前に、
盗作されたら、自分が作曲したと
いうことを証明できるようにしたい?

行政書士のWebサイトを見ますと、
行政書士が著作権の存在事実証明書
を作成して公証人による確定日付
を受けるというところがあります。

行政書士開業講座の知的財産権で、
講師の先生からこれは間違っている
との話を聞きました。

行政書士が存在事実証明書を作成
するのではない。

正しくは、
「お客様が著作権の証明書類を公証役場
に持ち込んで確定日付を受ける」
だそうです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第77回:特許出願の拒絶査定が送付された場合
  2. 技術者にもノルマがあります
  3. 知的財産権講座第225回:ビジネスモデル特許調査
  4. 知的財産権講座第216回:簡単な特許の調査方法
  5. 知的財産権講座第109回:小説の映画化で注意すべきこと
  6. 知的財産権講座第48回:著作権
  7. 知的資産経営第6回:事業を継続するために必要なこと
  8. 知的財産権講座第170回:登録商標の管理の相談

最近の記事

PAGE TOP