知的財産権講座第69回:会社の従業員等が発明した場合(1)

会社の従業員等が発明した場合

 

会社の従業員等がその仕事として発明した場合、
この取り扱いを、特許法で規定しています。

「職務発明」(特許法35条)の規定です。

会社の従業員等がその仕事として発明した
ことは、その個人の成果です。

しかし、会社の従業員等が発明するためには
会社の設備を使用していますし、
会社の支援があったことは事実です。

会社の従業員等と会社の双方の利益の
バランスを取る必要があります。

●職務発明の会社側の利益

従業員等の職務発明について特許権等を
譲りうけることについての予約をすること
が可能です。

●職務発明の従業員等の利益

特許を受ける権利を会社に譲渡した場合等
は、会社から相当の対価を受ける権利
を取得します。

私が発明した場合、特許権を取得した場合、
私は予め、会社との間で特許権を
譲り渡すという規定にサインしています。

私は、会社から相当の対価(報償金)を
受け取りました。
思ったより少ない額です。

私の発明を会社が実施して、大きな利益を
あげない限りは、大きな対価は得られませんね。

関連記事

  1. 知的資産経営第16回:知的資産経営とは?
  2. 知的資産経営その35(特許権侵害を争う方法)
  3. 知的財産権講座第279回:だまされないで!著作権登録
  4. 知的資産経営第37回:誰もが持っていますよ!知的資産
  5. 知的財産権講座第297回:ネットショップでの知的財産権の保護の問…
  6. 知的財産権講座第202回:誰にでもわかる知的財産権
  7. 知的財産コンサルタントとは何者?
  8. 知的財産権講座第98回:著作権の権利処理・調査

最近の記事

PAGE TOP