ブログ

  1. 会社設立時の開業資金の借り方4

    創業者にとって利用しやすい融資制度創業者にとって利用しやすい融資制度としては、以下です。日本政策金融公庫の「新創業融資制度」各自治体が行っている「融資制度」会社を設立した創業時に金融機関から融資を受けることは大切な機会です。

    続きを読む
  2. 知的資産経営その37(他社からの侵害警告)

    他社から特許権侵害の警告を受けた場合製品を開発して販売したところ、他社から特許権侵害の警告書が届きました。

    続きを読む
  3. 相続手続きの流れその18(遺産分割)

    遺産分割でない財産を含めて分割してしまったら?相続人の間で、遺産分割の協議をしても話し合いがまとまりました。遺産の分割の話し合いが無事にまとまると一安心というところです。しかし、遺産分割後にトラブルが生じることがあります。

    続きを読む
  4. 会社設立時の開業資金の借り方3

    創業計画書の書き方会社を設立した創業時には、いろいろと資金が必要です。設備資金や運転資金の確保が必要となります。多くの中小企業は、実績不足や返済の見込みが不透明という理由で、創業時に資金を融資してくれる民間の金融機関は、ほとんどありません。

    続きを読む
  5. 知的資産経営その36(特許権侵害)

    特許権侵害を発見した場合競合他社が自社の特許を侵害しているように思います。どのように対処したらようでしょうか?このような場合の重要なポイントとしては、以下です。特許権の侵害品を見つける。特許権侵害の警告を行う。

    続きを読む
  6. 相続手続きの流れその17(遺産分割の調停)

    遺産分割の調停に違反したら?相続人の間で、遺産分割の協議をしても話し合いがまとまりません。もし協議がまとまらない場合は、調停・審判の申し立てを家庭裁判所にすることができます。遺産分割の調停がまとまりました。

    続きを読む
  7. 会社設立時の開業資金の借り方2

    日本政策金融公庫の融資会社を設立した創業時には、いろいろと資金が必要です。設備資金や運転資金の確保が必要となります。多くの中小企業は、実績不足や返済の見込みが不透明という理由で、創業時に資金を融資してくれる民間の金融機関は、ほとんどありません。

    続きを読む
  8. 知的資産経営その35(特許権侵害を争う方法)

    特許権侵害を争う方法知財経営と特許侵害知財経営の基本の一つは、特許網(ポートフォリオ)を構築して他社に対する参入障壁を高めることです。強い特許網を形成すると、競合他社は市場参入は難しいと考えて参入してこないことが多いです。

    続きを読む
  9. 相続手続きの流れその16(遺産分割)

    遺産分割後に生じるトラブルの解決策は?遺産の分割の話し合いが無事にまとまると一安心というところです。しかし、遺産分割後にトラブルが生じることがあります。以下の問い合わせをいただきました。

    続きを読む
  10. 会社設立時の開業資金の借り方

    会社設立時の資金の調達方法会社を設立した創業時には、いろいろと資金が必要です。設備資金や運転資金の確保が必要となります。たとえば事務所を借りれば家賃や保証金、事業に必要な備品、ホームページの作成費用などです。創業時には、資金の調達が重要な問題となってきます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る