ブログ

  1. 知的資産経営第2回:知的資産経営の導入をお手伝い

    知的資産経営の導入をお手伝い知的資産経営を知っていると企業経営をしている知り合いに質問してみたところそれは特許や商標でしょうそんな大それたものは持っていない関係ありませんとの答えでした。

    続きを読む
  2. 知的資産経営第1回:行政書士としての知的資産経営支援

    知的資産経営を知っている?と企業経営をしている知り合いに質問してみたところそれは特許や商標でしょうそんな大それたものは持っていない関係ありませんとの答えでした。

    続きを読む
  3. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?

    著作権の侵害?他人の描いたイラストと偶然よく似たものイラストができました。さて、この場合、著作権の取り扱いはどうなるのでしょうか?盗作でしょうか?この場合、他人の描いたイラストをマネしないで描いたのであれば、それぞれ別の著作権が発生します。

    続きを読む
  4. 知的財産権講座第259回:知的財産制度を悪用

    知的財産制度を悪用知的財産制度を悪用、経産省が「怪物」退治へ一般の人には、わかりにくい内容です。経済産業省は、特許や商標、著作権などの知的財産制度を悪用して不正に利益を得ようとする「知財トロール(怪物)」の対策に乗り出す。

    続きを読む
  5. 知的財産権講座第258回:発明の保護のため公証役場を利用

    発明の保護のため公証役場を利用先日、公証役場を仕事で利用しました。実験したという事実に、公のお墨付きをもらうためです。公のお墨付きは、公正証書として公証役場に20年間保管されるので、失くしたり改ざんされたりの心配がなく安心です。

    続きを読む
  6. 知的財産権講座第257回:ビジネスのアイデアを保護する方法

    ビジネスのアイデアを保護する方法あなたが自社で何らかのアイデアを思い付き、他社へ売り込みに行く場合を考えてみます。そのアイデアの営業秘密(企業秘密)が盗用されることがあります。

    続きを読む
  7. 知財経営の実践(その4)自社の競争力分析

    1. 知財の持つ価値知財経営の実践については、その重要性が参考文献のように報告されています〔1〕〔2〕。知財の活用を、企業経営においては、常に意識しましょう。知財経営が有効となるのは、技術が自分の会社の強みとなる場合です。

    続きを読む
  8. 知的財産権講座第256回:著作権のポイント

    知っておきたい著作権のポイントクリエーターとは、自分の作品を作り出す人クリエーターは、オリジナリティを大切にしなければなりません。そして違法コピーは、認められません。クリエーターは、自分の作品を守り、他者の権利を侵害してはいけません。

    続きを読む
  9. 私ができる知的財産保護のお手伝い

    知的財産保護ビジネスは早いもの勝ちです。斬新なアイデアを他社より早く商品として売り出す。さらにそのアイデアの特許を取得すれば一定期間、独占的な商売ができるので売上増加が見込まれます。

    続きを読む
  10. 知的財産権講座第255回:モデルの肖像権

    注意しましょう!モデルの肖像権ブログやホームページに使う素材は、著作権は、もちろんですが、モデルさんを利用する場合は、肖像権を気にしないといけません。安心して、無料で使えるサイトをご紹介します。私も利用しています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る