フリーランス(個人事業)が注意すべき下請法

フリーランス(個人事業)が、注意すべき下請法のクイズです。
A社(資本金1200万円)は、フリーランス(個人事業)
のWebデザイナーBに、自社のホームページや
広告のデザインを委託しました。
この取引に下請法の適用はありません。

正しいでしょうか?

答えは、×

プログラムの作成委託以外の情報成果物にあたると考えられます。
委託元のA社の資本金が、1000万円を超えていますので、
個人事業主Bに対する委託にも下請法が適用されます。

下請法は、業務委託契約を結ぶときには重要です。
わかりにくい点は、専門家のアドバイスを受けるのもよいです。

契約書作成及びチェクは、当事務所でも行っています。
行政書士立花信一事務所

関連記事

  1. 口約束ではなく契約書を作成しましょう
  2. 三国志で学ぶランチェスターの法則
  3. 商品を提供ではなく価値を感じてもらう
  4. 人生経験を行政書士の業務に生かす
  5. 特に中小企業には契約書作成ができる人は少ない
  6. この世から契約書で悩む経営者を無くしたい
  7. 契約書作成の基本的なチェック項目
  8. 英語ができないと生き残れない行政書士

最近の記事

PAGE TOP