身近な人からの遺言・相続業務の依頼

大学時代の友人と、久し振りに会いました。
彼は電機メーカーで、システムエンジニアを
しています。

行政書士の話題となりました。

彼は司法書士と行政書士の違い
よくわからなかったです。

ところで、行政書士とは、何をするの

これは「普通の人」の、定番の質問です。

 

彼に許認可申請とか、行政書士業務について
一通り説明しました。

彼は車の息子名義への変更や抵当権抹消登記は
自分で手続をしたそうです。

これらの手続は、行政書士や司法書士には、
依頼しなかったそうです。

費用節約のため、
ネットで手続方法を探して、やれば多少、
手間がかかるけど、自分でできる。

 

自分の勉強にもなるし。
法務局も、手続について親切に教えてくれた。

遺言・相続については、行政書士に
依頼するから、その際はよろしく

とのことでした。

一番安心できる 遺言の書き方・遺し方・相続のしかた/日弁連遺言信託PT

身近な人に、行政書士の業務の話を
すると、皆さん遺言・相続の相談・依頼
という話になります。

せめて、知り合いからの依頼に応えられる
よう遺言・相続はできるようにしておかなければ
と思った次第です。

 

関連記事

  1. 遺言書の効力
  2. 相続手続きの流れその13(限定承認)
  3. 情報を出し惜しみしない
  4. 遺言書の書き方(自筆証書遺言)
  5. 遺言書に、こんなことを書いても無効です
  6. 遺言書を勝手に開封してはいけません
  7. 専門知識をもった行政書士が不可欠なのです
  8. 遺言書の作成(公正証書遺言)

最近の記事

PAGE TOP