会社設立の流れその8

定款作成のための各種記載事項のヒアリング

会社設立業務として、最初にすることは、定款作成のための各種記載事項のヒアリングです。

各種記載事項は、以下です。

株式会社設立チェックシート

1.商号
ふりがな
2.本店所在地
3.事業内容
4.資本金の額
資本金      円
1株の金額      円
発行可能株式数      株
5.株主
氏名 出資金額 住所
6.取締役
氏名 任期 備考
          年
7.監査役
氏名 任期 備考
8.代表取締役
氏名
9.決算月
          月
公告の方法、官報以外→
印鑑作成  有 ・ 無

 

事業目的

目的については、特に重要です。

信用保証協会の融資対象外業務(投資、貸金業など)や、許認可のために必要なものには注意が必要です。

建設業や古物商など許認可においては、事業目的は定款に入っていることが要件となっているものがあります。

許認可において必要な事項が会社設立時に定款に入っていないと、目的変更の手続きが必要となります。
よけいな手続きと費用、手間がかかってしまいます。

事業目的については、将来行う可能性がある事業は入れておくことがよいです。

また、宅建業では、本店所在地が営業所と同じ場所である必要があります。
自宅が本店所在地になっていると要件を満たさなくなります。

株式会社設立チェックシートをもとに、十分なヒアリングをする必要があります。

関連記事

  1. 会社設立の費用
  2. 成功している同業者のまねをすればうまくいく
  3. 会社設立の流れ10 (登記申請)
  4. 一番わかる会社設立と運営の仕方
  5. 会社設立の流れ14(合同会社)
  6. 会社設立の流れ22(電子定款)
  7. 起業時に頼りになる専門家の活用方法
  8. 会社設立の流れ25(本店所在地)

最近の記事

PAGE TOP