素人に仕事を依頼したいですか?

例えば、行政書士の資格を取り、今までの仕事の
経験をリセットして新たな業務を始めたとします

行政書士では、あるパターンのようです。

 

実務経験なしに即開業した人に仕事を
依頼したいですか

作業中

 

今までの実務経験の上に、さらに上乗せなら
納得ができるでしょう

 

30歳台前半くらいなら、今までの仕事の
経験をリセットして新たな業務に取り組む
というのもありかもしれませんね。

 

また、
例えば企業で「20年働いてきた実績」は
「同業同職種」以外では何の役にも立ちません。

 

転職活動をした人なら判ると思います。

私は転職活動をしましたので、よくわかります。

企業人はここをよく勘違いします。

私も企業で「20年以上働いてきた実績」は
同業同職種以外では役に立たないと
思います。

 

また、よほど心しないと、企業で
「20年以上働いてきた実績」は、
同業同職種でも、独立して仕事に
役だないでしょう

 

同じ仕事でも、
企業からの見方と、独立自営の見方では
全く異なるからです。

 

自分の経験を役立てるように、しっかりとした
戦略と心構えが必要ということだと思います。

関連記事

  1. 特許事務所の紹介をします
  2. 知的財産権講座第280回:有名絵画の加工は大丈夫ですか?
  3. 知的財産権講座第63回:発明は新規性だけでなく進歩性も必要
  4. 知的財産権講座第102回:著作権の契約書作成
  5. 知的財産権講座第300回:コンピュータ・プログラムの登録も行政書…
  6. 知的財産権講座第19回:知財戦略
  7. 知的財産権講座第192回:著作権法のポイント
  8. 知財コンサルタントに求められること?(3)

最近の記事

PAGE TOP