素人に仕事を依頼したいですか?

例えば、行政書士の資格を取り、今までの仕事の
経験をリセットして新たな業務を始めたとします

行政書士では、あるパターンのようです。

 

実務経験なしに即開業した人に仕事を
依頼したいですか

作業中

 

今までの実務経験の上に、さらに上乗せなら
納得ができるでしょう

 

30歳台前半くらいなら、今までの仕事の
経験をリセットして新たな業務に取り組む
というのもありかもしれませんね。

 

また、
例えば企業で「20年働いてきた実績」は
「同業同職種」以外では何の役にも立ちません。

 

転職活動をした人なら判ると思います。

私は転職活動をしましたので、よくわかります。

企業人はここをよく勘違いします。

私も企業で「20年以上働いてきた実績」は
同業同職種以外では役に立たないと
思います。

 

また、よほど心しないと、企業で
「20年以上働いてきた実績」は、
同業同職種でも、独立して仕事に
役だないでしょう

 

同じ仕事でも、
企業からの見方と、独立自営の見方では
全く異なるからです。

 

自分の経験を役立てるように、しっかりとした
戦略と心構えが必要ということだと思います。

関連記事

  1. 知的財産権講座第2回:特許調査は事業経営のために必要
  2. 知的財産権講座第242回:スマートフォンの外形デザインは著作物で…
  3. 知的財産権講座第324回:ほんとは怖いのか?TPPの「著作権」②…
  4. 知的財産権講座第317回:著作者不明の著作物を利用したい
  5. 行政書士事務所の取扱業務
  6. 知的財産権講座第278回:好きな俳優の写真を無断で掲載する方法
  7. 知的財産権講座第326回:システム開発委託契約を結ぶ時の注意点
  8. 知的財産権講座第53回:著作権

最近の記事

PAGE TOP