定年退職からの行政書士

行政書士のオンライン支部会に出席しましたが、
多くの定年退職して行政書士になられた方にお会いしました。
公務員だけではなく、民間企業を定年された後です。

行政書士になって、相続、遺言の無料相談を受ける
ボランティアをされています。

行政書士会の支部で委員や役員になって市民のため、
支部のために活動することもされています。
気持ちに充実感が出て、生きることが更に
楽しくなるかもしれません。

一方で行政書士はビジネスです。
ボランティアではありません。
生活費を稼ぐために行政書士をしている人は、
決してボランティアではいけません。

とはいうものの肩書きや世間体の為に行政書士に
なられる方も実際にいらっしゃいます。

長年勤務して苦労して定年退職まで勤めあげた。
退職金もあり生活には苦労しないでしょう。

今後の人生100年時代の一つの生きる道でしょうから、
生き甲斐があること、非常に良いことだと思います

行政書士立花信一事務所

関連記事

  1. 行政書士のビジネスモデルは難しい
  2. 仕事は人が持ってくる
  3. お客様の要望に応えるための人脈づくりをします
  4. 「サザエさん症候群」と行政書士開業のメリット
  5. 時給を1時間1万円ぐらいで設定しています
  6. 環境に、自然に、地球に貢献したい
  7. ネットビジネスで逮捕されないためには!
  8. 講演会やセミナーに行ってハズレとならないために

最近の記事

PAGE TOP