行政書士のビジネスモデルは難しい

もしもお金が目的であるなら、
行政書士のビジネスモデルは難しいと
思います。

反復・継続的な仕事ではない!

ないと断言するのはやり過ぎとしたら少ない。

 

行政書士業務など、日常的に誰もが必要とする
ような業務はひとつたりともありません。

要は1度きりのお客さんが多いはず。

私は、マーケティングを勉強したことは
ありませんが、感覚的にはわかります。

 

売上げを上げるなら、反復継続的なオーダーが
ある仕事の方が断然有利でしょう。

特許調査、特許翻訳、知財相談アドバイスなどの
知財関係の仕事には、資格は不要です。

 

関連記事

  1. 売れていないときから人に任せましょう!
  2. 成功している起業家は、お金を使う基準を持っています
  3. 割に合わない仕事は、お断りしています
  4. 行政書士の仕事ではネットワーク=人脈が重要
  5. ホームページが無い会社はブラック企業か?
  6. 行政書士同業者と双方にメリットのある道を探る
  7. 成功者には必ずメンター(人生のお手本となる人)がいた!
  8. 行政書士は、それぞれ専門分野が異なります。

最近の記事

PAGE TOP