行政書士のビジネスモデルは難しい

もしもお金が目的であるなら、
行政書士のビジネスモデルは難しいと
思います。

反復・継続的な仕事ではない!

ないと断言するのはやり過ぎとしたら少ない。

 

行政書士業務など、日常的に誰もが必要とする
ような業務はひとつたりともありません。

要は1度きりのお客さんが多いはず。

私は、マーケティングを勉強したことは
ありませんが、感覚的にはわかります。

 

売上げを上げるなら、反復継続的なオーダーが
ある仕事の方が断然有利でしょう。

特許調査、特許翻訳、知財相談アドバイスなどの
知財関係の仕事には、資格は不要です。

 

関連記事

  1. 行政手続オンライン化で行政書士は不要になる?
  2. サラリーマンの副業行政書士という選択
  3. 時給を1時間1万円ぐらいで設定しています
  4. 商品を提供ではなく価値を感じてもらう
  5. 個人事業主になってよかったこと、その2
  6. 人生の中で「ワクワクしない時間」を減らす
  7. フリーランスのメリット:どこでも仕事ができる
  8. 売れていないときから人に任せましょう!

最近の記事

PAGE TOP