前職の知識や経験を行政書士業務に生かす

前職の知識や経験を行政書士業務に
最大限生かすことが重要です。

 

新たに事業を始める人の多くは、前職の知識や

経験を最大限に生かすという選択をします。

 

行政書士の仕事は、非常に業務範囲が
広く開業するにあたり、どの業務を
するか絞っていくか決めにくいです。

しかし、何らかの今までの社会人生活の
人生経験を生かすということを考えると
業務は自ずと決まりました。

 

もちろん、自分がまったく知らない分野
の仕事に挑戦するという道もあります。

 

そこで、改めて考えてみると、
私は、知的財産権の関係の仕事を
メインにするつもりです。


しかし、少しでも業界で働いた経験や
知識があれば、仕事をする上で有利
になります。

関連記事

  1. 著作権法は、学びにくい!
  2. 知的財産権講座第317回:著作者不明の著作物を利用したい
  3. 知的財産権講座第258回:発明の保護のため公証役場を利用
  4. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  5. 知的財産権講座第87回:知財と条約 パリ条約(3)
  6. 知的財産権講座第266回:ミッキーマウスを守るために
  7. 知的財産権講座第58回:著作権
  8. 知的財産権講座第109回:小説の映画化で注意すべきこと

最近の記事

PAGE TOP