詐欺師の集客方法に学ぶ

消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ

と題したハガキがうちの家内に郵送されてきました。

本人から問い合わせの電話をかけさせて、裁判取り下げ費用

や和解金費用等の名目で多額のお金を請求する手口です。

この振り込め詐欺の集客方法は、以下のオーソドックスな
集客方法を利用しています。

・お客の不安をあおる
訴訟、差押え、強制執行などの言葉はドキッとします。

不安を煽られると、人の心は動いてしまう。

・裁判所が発送元

権威性の提示でお客を信じさせる

 

・裁判取り下げ期日は、明日までという切迫した期日
緊急性を訴える
お客が今すぐに行動しないとデメリットが続く
と思い込ませる。

カウントダウンの法則を利用しています。

・個人情報保護のため詳細は当局までご連絡ください。
必ず本人が電話してください。

宛名は、女性(うちの家内)、宛名の下に番号が書いてある。

集客のターゲット、ペルソナの設定は、高齢の専業主婦

の女性でしょうか。

冷静に考えれば、このハガキにだまされることはないです。

・普通郵便で民事訴訟に関するハガキが郵送されることはない。

・架空の裁判所の組織で電話番号も住所と局番が異なる。

今、集客方法について学んでいます。

この振り込め詐欺の手法は、オーソドックスな
集客方法として参考になります。

関連記事

  1. 行政書士が経営センスを磨く方法
  2. 「大富豪の投資術」から学ぶ
  3. 成功者には必ずメンター(人生のお手本となる人)がいた!
  4. 士業の皆さん、無料相談はやめましょう!
  5. セカンドライフとしての行政書士のススメ
  6. 今さらながら気になること!
  7. フリーランスになってのデメリット
  8. 定年退職からの行政書士

最近の記事

PAGE TOP