行政書士は専門分野を絞れ!

私は、行政書士は専門分野を絞れ!
と勉強しました。

その理由は、「お客さんが覚えてくれないから」

行政書士といって、その仕事をイメージできる人は
ほとんどいません。

お客さんに、自分はどのような時に役立つのか?
明確にしなければならない。

宣伝のために、専門分野を絞ります。

専門性を絞るのは、お客さんに覚えてもらうため
だけです。

そしてそれ以外の仕事もすればいいんです。

私は、行政書士としては数少ない「知財専門」ですが、
それ以外の仕事にも取り組みます。

業務ごとにホームページを整備します。

といっても、何でもやるというわけにはいきません。

遺言・相続の仕事はやります。

関連記事

  1. 商品を提供ではなく価値を感じてもらう
  2. いいことが次々と起こる音楽を聴く
  3. 行政書士が経営センスを磨く方法
  4. エコの話(廃棄物とリサイクル)
  5. 大手企業に対抗するただ一つの方法
  6. 初めて環境法規制の御相談を頂きました
  7. 迷惑電話であれば、着信拒否するのが良い
  8. 輸入化粧品をネット販売するためには?その2

最近の記事

PAGE TOP