行政書士は専門分野を絞れ!

私は、行政書士は専門分野を絞れ!
と勉強しました。

その理由は、「お客さんが覚えてくれないから」

行政書士といって、その仕事をイメージできる人は
ほとんどいません。

お客さんに、自分はどのような時に役立つのか?
明確にしなければならない。

宣伝のために、専門分野を絞ります。

専門性を絞るのは、お客さんに覚えてもらうため
だけです。

そしてそれ以外の仕事もすればいいんです。

私は、行政書士としては数少ない「知財専門」ですが、
それ以外の仕事にも取り組みます。

業務ごとにホームページを整備します。

といっても、何でもやるというわけにはいきません。

遺言・相続の仕事はやります。

関連記事

  1. 付き合わない人を決める
  2. 時給を1時間1万円ぐらいで設定しています
  3. おおらかにお金の流れを見ています
  4. 厳しい環境だからこそ語れる夢があるか?
  5. お願い、無料で相談に乗らないでください
  6. あなたの情報はオンリーワン
  7. 会社員時代のダメな考えを壊してくれる本
  8. 行政書士にはそれぞれ専門分野がある

最近の記事

PAGE TOP