行政書士は専門分野を絞れ!

私は、行政書士は専門分野を絞れ!
と勉強しました。

その理由は、「お客さんが覚えてくれないから」

行政書士といって、その仕事をイメージできる人は
ほとんどいません。

お客さんに、自分はどのような時に役立つのか?
明確にしなければならない。

宣伝のために、専門分野を絞ります。

専門性を絞るのは、お客さんに覚えてもらうため
だけです。

そしてそれ以外の仕事もすればいいんです。

私は、行政書士としては数少ない「知財専門」ですが、
それ以外の仕事にも取り組みます。

業務ごとにホームページを整備します。

といっても、何でもやるというわけにはいきません。

遺言・相続の仕事はやります。

関連記事

  1. 環境に、自然に、地球に貢献したい
  2. 行政書士は、それぞれ専門分野が異なります。
  3. プラス思考になるためにやっていること
  4. 起業に大きなチャレンジは必要ない
  5. 行政書士は、今さらながら許認可業務のプロです
  6. 常連客を大切にしましょう
  7. 本当に忙しいとブログ更新ができない?
  8. 名刺には顔写真を入れましょう!

最近の記事

PAGE TOP