行政書士の顧客ターゲットは絞れ!

行政書士の業務にしても、
誰をターゲットに、どんな業務を
自分はできるのか

専門性を深く追求していくと
あまりに絞り込んでしまうと
市場が小さくなるのでは

心配しました。

 

そんなことは、気にせずどんどん
絞り込みをしました。

絞り込みが甘いと、ありきたりのもの
になってしまいます。

自分の独自性が薄れてしまいます。
他の人とぶつかってしまうかもしれません。

 

絞り込みをすると市場として、
狭くなりそうですが、
インターネットで広く
呼びかければいいんです。

小さな市場でも、かき集めれば
なんとかなるでしょう。

それより、狭い市場でも
「自分が第一人者になれる分野、業務はどこか」

これを見つけることが大切だと
思っています。

関連記事

  1. 昨日と同じ今日を過ごすな!
  2. 行政書士は代書屋さん?
  3. 行政書士は身近な存在か?
  4. あなたの情報はオンリーワン
  5. 行政書士と税理士の業務のいい関係
  6. 常連客を大切にしましょう
  7. フリーランスになってのデメリット
  8. 行政書士同業者と双方にメリットのある道を探る

最近の記事

PAGE TOP