行政書士の顧客ターゲットは絞れ!

行政書士の業務にしても、
誰をターゲットに、どんな業務を
自分はできるのか

専門性を深く追求していくと
あまりに絞り込んでしまうと
市場が小さくなるのでは

心配しました。

 

そんなことは、気にせずどんどん
絞り込みをしました。

絞り込みが甘いと、ありきたりのもの
になってしまいます。

自分の独自性が薄れてしまいます。
他の人とぶつかってしまうかもしれません。

 

絞り込みをすると市場として、
狭くなりそうですが、
インターネットで広く
呼びかければいいんです。

小さな市場でも、かき集めれば
なんとかなるでしょう。

それより、狭い市場でも
「自分が第一人者になれる分野、業務はどこか」

これを見つけることが大切だと
思っています。

関連記事

  1. 行政書士は代書屋さん?
  2. 仕事は人が持ってくる
  3. 自分で許認可申請をしますよ
  4. 行政書士の産業廃棄物業務とは?
  5. 割に合わない仕事は、お断りしています
  6. マーケティングの勉強が必要!
  7. 行政書士として取り組むニッチな業務
  8. 常連客を大切にしましょう

最近の記事

PAGE TOP