行政書士の顧客ターゲットは絞れ!

行政書士の業務にしても、
誰をターゲットに、どんな業務を
自分はできるのか

専門性を深く追求していくと
あまりに絞り込んでしまうと
市場が小さくなるのでは

心配しました。

 

そんなことは、気にせずどんどん
絞り込みをしました。

絞り込みが甘いと、ありきたりのもの
になってしまいます。

自分の独自性が薄れてしまいます。
他の人とぶつかってしまうかもしれません。

 

絞り込みをすると市場として、
狭くなりそうですが、
インターネットで広く
呼びかければいいんです。

小さな市場でも、かき集めれば
なんとかなるでしょう。

それより、狭い市場でも
「自分が第一人者になれる分野、業務はどこか」

これを見つけることが大切だと
思っています。

関連記事

  1. 個人事業の強みは?
  2. フリーランスのメリット:どこでも仕事ができる
  3. 個人事業主のメリットを感じています
  4. フリーランスになってのメリットその3
  5. 常連客を大切にしましょう
  6. 迷惑電話であれば、着信拒否するのが良い
  7. 風俗営業許可申請の仕事は危ないのか?
  8. 読書量が経営者の器を変える

最近の記事

PAGE TOP