自分の家系図を作成してみませんか?

自分の家系図を作成してみませんか?

私の知り合いから、行政書士の仕事として
家系図作成というものがあるから、
取り組んでみたらどうか?

と言われました。

 

他の行政書士のHPを覗くと、「家系図作成」と
いう文言を目にしました。

 

要するに戸籍を辿れるところまで辿って家系図を
作成するという仕事のことですね。

なぜ家系図?

人は誰でも自分のルーツが気になるものです。
それは本能的なものと言えるのかも知れません。

そこで、家系図作成となるわけです。

自分でも調査できるの?

先祖の本籍を調査して、本籍のある役所から戸籍
を取り寄せます。
そして戸籍の読み取りする作業になります。

これは自分で調査はできます。

しかし、
戸籍に対する知識を持ち戸籍法を理解した上でないと
戸籍の取得漏れだらけになります。

 

商品としての家系図は、
巻物家系図のように、装飾品のように家系図を作り上げる
ようです。
化粧箱に入れるという凝りようです。

家系図は、行政書士だけが作成できるものではなく、
行政書士の資格がない業者もできます。

家系図作成業者は行政書士法違反にならず
という判例があります。

遺言書を書く場合や遺産分割をする場合、
相続人を決めるため相続関係説明図という
家系図のようなものが必要になります。

私としては、行政書士として遺言・相続の際の
相続関係説明図は作成します。

家系図作成業者と競合する気はありません。
競争が大変そうです。

関連記事

  1. 遺言書の作成(特別方式の遺言)
  2. こんな人は、遺言書を残しておいた方がよい
  3. 遺言書に、こんなことを書いても無効です
  4. 遺言書作成の流れ8(遺言書のサンプル)
  5. 相続手続きの流れその8(調停と審判)
  6. 相続手続きの流れその9(遺産分割の対象)
  7. 相続手続きの流れその15(遺産の無断処分)
  8. 相続手続きの流れその12(相続の放棄)

最近の記事

PAGE TOP