行政書士の複業のススメ

年金2000万円不足の問題が話題です。
年金以外に夫婦で2000万円の貯蓄が必要。

65歳以降、働かないで年金だけで賄える時代は終わりました。
定年後、年金で悠々自適の生活!?
過去のお話です。
将来は、年金額が減ることが予想されます。
年金だけで生活するため支出を抑えれば、よいのでしょうが、
できれば、いろいろと趣味や旅行や自分の好きなことを
やりたいです。
そのためには、ある程度のお金が必要です。
確実な老後対策は「働くこと」です。
65歳以降も、年金以外の収入を得ればよいのです。
しかし、定年後は、なかなか「よい仕事」がありません。
また再雇用は65歳までです。
定年後に適した仕事は、在宅系の仕事でフリーランスです。
これからは、複業でいきましょう。
サラリーマンの場合は、現役のときから
備えておきましょう。

私の場合は、以下の複業です。
知的財産コンサルタント
特許サーチャー(特許調査)
技術コンサルタント
フリーライター
行政書士 行政書士立花信一事務所
行政書士との複業です。
「複業」という言葉の響きが気に入っています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第165回:知っておくと役立つ特許の話
  2. 知的財産権講座第185回:自分の商標が他人の商標に似ているか?
  3. 知的資産経営その48(弁理士や弁護士の選定)
  4. 知的財産権講座第182回:知らないと後でもめる著作権のポイント
  5. 危ない情報コンサルタント!
  6. 知財経営の実践(その2) 専門家の利用
  7. 知的財産権講座第234回:パブリシティ権
  8. 技術系行政書士としてのブランディング

最近の記事

PAGE TOP