ブタ草などからバイオプラスチック=ペットボトル

環境に良いということで、バイオプラスチック

注目されています。

バイオプラスチックは、石油を原料ではなく、植物が原料です。

将来の石油の資源の枯渇ということを考えると確かに

良いことです。

とうもろこしから、ポリ乳酸というバイオプラスチックに

が作られます。

 

しかし、現在のバイオプラスチックの原料は、

とうもろこしや、さとうきびのため、食糧不足

への懸念という問題があります。

ブラジルでは、食糧や家畜の餌として、とうもろこしを

売るよりバイオプラスチック用として売る方が、

高く売れるため、農家はバイオ用にとうもろこし

を生産しているとのことです。

そこで、食糧難の問題を解決するために、食べられない雑草、

たとえば、ブタ草などからバイオプラスチック=ペットボトル

を作る研究が現在行われています。

地球環境を救うために、この研究が早く実用化

することを期待します。

そういえば蟹の甲羅から、バイオプラスチックを作る研究が

日本海側で行われています。

蟹好きとしては、たまりません?!

関連記事

  1. コンサルタントの強みとは?
  2. ZOOMを利用したコンサルティングをスタート
  3. 中小企業・ベンチャー企業の支援をしていきます
  4. ピークを避けて生活しています
  5. 知財経営の実践(その1) 将来の収益性予測
  6. 行政書士事務所の取扱業務
  7. 専門家とは?
  8. ブログやホームページのプロフィールが重要です

最近の記事

PAGE TOP