ビジネスの上でネット情報発信は重要です

先日、技術顧問の面談で、大手化学メーカーの
研究所の方と初めて面談する機会がありました。

私が名刺をその人に渡すと、手持ちのノートパソコンで
私の過去の特許出願を検索しました。

そして、
「なるほど、このような材料技術分野が専門の方ですね」
とその人は言いました。

私は、メーカーで長年、研究開発をしてきましたので、
発明者としてそれなりの数の特許出願をしてきました。

発明者と会社名前(出願人)を入力すれば、簡単に
特許出願を調べることができます。

おそらく特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat)で、

検索したのでしょう。

特許情報プラットフォーム(J-Plat Pat)

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

私も初めて会った人の場合、相手の素性を知るため、

ネットで検索してみるということは、よくやります。

ネットで検索しても、何も情報が出てこないとしたら?

相手の素性を知ることができません。

ビジネスを行う上で、やはりネットでの情報発信は重要ですね。

関連記事

  1. 初めて環境法規制の御相談を頂きました
  2. プロフィールは仕事につながります
  3. 技術者には、こんな働き方もあります
  4. 情報はずっと商品だった
  5. 行政書士事務所の取扱業務
  6. あなたは「自分の時間」を生きていますか?
  7. スポットコンサルタントサービス「ビザスク」を利用しています

最近の記事

PAGE TOP