知的資産経営第28回:知財経営導入で増える利益額は?

知財経営導入で増える利益額は?

知的財産経営の導入で、もうけられるか
(利益率)、気になります。

そこで、30億円の市場を想定し、その参入企業数と
利益をシュミレーションしてみました。

製品の市場

規模
競合企業数
平均売上高
想定利益率
利益金額
30億円
10社
3億円
5%
1,500万円
3社
10億円
10%
1億円
(何故、知財経営が必要なのか?特許庁資料を参考に試算)

 

*知的財産費用の概略
国内特許: 1件約100万  5件権利化で、500万
外国特許: 1件約1000万 2件権利化して、2000万
合計で、2500万

 

参入する企業数が多いと、各社の市場シェアは小さくなり
売上、利益率ともに低くなります。

すなわち、参入の壁が低い市場では、もうけが
少なくなります。

そこで、知的財産経営の導入により、
参入の壁を高くできれば、

参入企業も少なく抑えられ、売上、利益率も
増えます。

このときの利益額は、知的財産の費用2500万に
比べても、大きい1億円となります。

 

知的財産経営導入により大きな利益が
得られることになります。

 

なお知的財産経営コンサルタント料は、
それほど高くないです。

理論的には、知的財産経営を導入することで、

利益を上げられます。

知的財産経営を導入すべきです。

知的財産経営の導入は、行政書士の
知的財産権業務の一つでもあります。

関連記事

  1. 知的資産経営第16回:知的資産経営とは?
  2. 知的財産権講座第251回:映画の著作物で注意すること
  3. 知的財産権講座第215回:米国著作権登録のすすめ
  4. 知的財産権講座第126回:著作権法の対象とは?
  5. 知的財産権講座第189回:特許出願しないで発明を保護する方法
  6. 知的資産経営その6
  7. 知的財産権講座第25回:特許権侵害
  8. 知的財産権講座第78回:特許出願の拒絶査定に不服がある場合

最近の記事

PAGE TOP