語学教室を始めたい人は、大切なお客様です

語学教室をこれから始めたい方、

特定商取引法の規制の対象となります。

特定継続的役務提供に当てはめる

以下の6種類のサービスは、
特定商取引法の規制の対象となります。

語学教室

エステティックサロン

語学教室

学習塾

家庭教師等の在宅学習

パソコン教室

結婚相手紹介サービス

必ず知っておくべき特定商取引法

●書面で契約内容を交付する

「概要書面」と「契約書面」を、たとえ
記載内容が重複していたとしても、
それぞれ作成して交付しなければなりません。

●中途契約の規定について定める

あらかじめ「概要書面」と「契約書面」を
交付して、中途解約について規定する
必要があります。

これらのややこしい法律や契約については、
こんな問題があるんだと、
知っておくだけでよいでしょう。

詳しいことは、行政書士など専門家に
任せることがよいでしょう。

 

関連記事

  1. 行政書士の著作権の仕事とは?
  2. 通信販売にはクーリングオフは適用されない
  3. この世から契約書で悩む経営者を無くしたい
  4. 契約書作成、相手を信用してはいけない
  5. 最低限知っておくべきIT・ネットビジネスでの法律問題
  6. 結婚相手紹介サービス業の方は、大切なお客様です
  7. ネットビジネスで権利を守るためにすべきこと
  8. 英語ができないと生き残れない行政書士

最近の記事

PAGE TOP