ネットビジネスで権利を守るためにすべきこと

インターネットの普及により、
独立した事業者、ネットビジネス事業者、
クリエータなどが、多く現れてきています。

自分で、会社を作り事業をしていく。

そうすると、自分で法務を行っていかなければ
なりません。

しかし法務部門の仕事は、必要なことですが、
売上を生まない部門です。

そこで、外部の専門家に依頼してしまう
というニーズが増えてきます。

法務を担当できる人への需要が増えて
くるでしょう。

どのようにネットビジネス事業者、クリエータさん
などが、自分の権利を守っていくのか?

どういう契約書が、必要になるのか?

あらかじめ、予防法務的に契約を交わして
おくこと。

このことを、もっとお伝えしていくことが
重要になると思います。

その需要に応えていくということが、
行政書士に期待されていると思います。

 

関連記事

  1. 英語ができないと生き残れない行政書士
  2. この世から契約書で悩む経営者を無くしたい
  3. 通信販売にはクーリングオフは適用されない
  4. 間違いだらけの契約書作成
  5. 間違いだらけの専門家の選び方
  6. 結婚相手紹介サービス業の方は、大切なお客様です
  7. 口約束ではなく契約書を作成しましょう
  8. 最低限知っておくべきIT・ネットビジネスでの法律問題

最近の記事

PAGE TOP