間違いだらけの専門家の選び方

契約書を依頼する専門家の選び方

契約書を作成する専門家は、
弁護士、行政書士などたくさんいます。

契約書を作成する専門家は、どういう人が
よいのか?

依頼する契約書に関する業務の経験豊富
な人がよいです。

契約書にも、いろいろな種類があります。

不動産売買の契約書なら、不動産売買に
関する業務の経験がある人へ。

行政書士の中には、不動産業を兼務している
人もいますので、そういう人に依頼する
のがよいです。

その人の経歴に注目しましょう!

知的財産権の契約書なら、

著作権や商標権のライセンス契約、
譲渡契約など

知的財産権の業務の経験の豊富な人へ。
例えば、私のような。

その業務の経験が豊富な人だと、契約書の
リスク、ここに注意すべきという点
を、明確にしてくれるからです。

自分の契約書は、その業務の経験が豊富な
専門家に依頼することがよいです。

関連記事

  1. 口約束ではなく契約書を作成しましょう
  2. 行政書士の著作権の仕事とは?
  3. 特に中小企業には契約書作成ができる人は少ない
  4. 成功者には必ずメンター(人生のお手本となる人)がいた!
  5. 英語ができないと生き残れない行政書士
  6. 自分の専門の他に第2の武器を身に着ける
  7. 気軽に相談できる専門家とのつながりを持とう
  8. フリーランス(個人事業)が注意すべき下請法

最近の記事

PAGE TOP