知的財産権講座第120回:著作権を許諾なく利用できる場合

著作権を許諾なく利用できる場合

 

著作権法の、これだけは知っておいた方が
よいポイントを紹介しています。

購入したコンピュータプログラムの
バックアップコピーについて
の注意点です。

著作権法は、必要と認めされる限度
においてバックアップコピーを
認めています。

まさか、一つのコンピュータプログラム
を、会社の全てのコンピュータに
コピーをされてはいないと思いますが。

これは、認められませんので、
ご注意ください。

それと、コンピュータプログラムを
他人に渡した後、手離した後は、
バックアップコピーは、所有保持する
ことは認められなくなります。

これも、忘れがちですが、ご注意ください

知的財産管理技能検定やビジネス著作権検定
でも、出題されるポイントです。

関連記事

  1. 知的資産経営第12回:新規のビジネスモデルを考えるために必要なこ…
  2. 知的財産権講座第274回:特許侵害の警告状を送付
  3. 行政書士は知的財産権の出願手続はできません
  4. 中国からの模倣品対策×デザイン戦略
  5. 知的財産権講座第224回:ビジネスモデル特許とは何か?
  6. 知的財産権講座第320回:知的財産法の誤解を解く!
  7. 知的財産権講座第248回:中小企業にも特許戦略は必要
  8. 新参者が、ガリバーに負けないため

最近の記事

PAGE TOP