「一」という数字は非常に危険な数字です

今、TVや報道で副業が重要だ、新しい働き方だとか
いって騒いでいます。

私は、以前から副業に取り組んできました。

副業が禁止されていなかったし、比較的、時間に
余裕がありました。

売上が一番になる、成績一位になる、「一」は、

素晴らしい数字です。

目標ともなります。

しかし、一方で、

「一」という数字は非常に危険な数字でもあります。

現在は、安定の定義は、大企業に勤めることではなく、
複数の収入源を持つことが重要です。

大企業にいても、いつリストラに会うかもしれません。
同僚で、そういう人をみてきました。

私は大企業に勤めていましたが、大きな仕事ができる

素晴らしい機会でした。

しかし、一つの収入源しかない極めて不安定な状況です。

私は、数年前から複数の収入源を持つことが

必要だと考え、副業を始めました。

会社が副業を禁止していなかったこと、比較的

時間に余裕があったため副業ができました。

副業を始めてみると、その額はそれほど多くなくても

心に余裕ができました。

 

また副業による収入を、行政書士事務所開業準備

に当てることができました。

 

副業自体が順調にいけば、それで起業ということも
考えられますね。

関連記事

  1. 行政書士と税理士の業務のいい関係
  2. 講演会やセミナーに行ってハズレとならないために
  3. 行政書士のビジネスモデルは難しい
  4. サラリーマン行政書士
  5. あなたのホームページは問題解決型?
  6. 資格には「信頼」という力がある
  7. 「大富豪の投資術」から学ぶ
  8. 独立した人のうち60%が年収300万円以下

最近の記事

PAGE TOP