知的財産権

  1. 知的資産経営その38(外国出願戦略)

    外国出願戦略外国出願をするかどうか迷っています。その判断方法はどのようなものがあるでしょうか?外国出願が必要か検討製品を開発して世界中で販売しようと考えているとします。

    続きを読む
  2. 知的資産経営その37(他社からの侵害警告)

    他社から特許権侵害の警告を受けた場合製品を開発して販売したところ、他社から特許権侵害の警告書が届きました。

    続きを読む
  3. 知的資産経営その36(特許権侵害)

    特許権侵害を発見した場合競合他社が自社の特許を侵害しているように思います。どのように対処したらようでしょうか?このような場合の重要なポイントとしては、以下です。特許権の侵害品を見つける。特許権侵害の警告を行う。

    続きを読む
  4. 知的資産経営その35(特許権侵害を争う方法)

    特許権侵害を争う方法知財経営と特許侵害知財経営の基本の一つは、特許網(ポートフォリオ)を構築して他社に対する参入障壁を高めることです。強い特許網を形成すると、競合他社は市場参入は難しいと考えて参入してこないことが多いです。

    続きを読む
  5. 知的資産経営その34(特許網をつくる)

    他社に対する参入障壁を高める製品開発が終了して、いよいよ製造を開始し市場に製品を投入します。製品を市場に投入する際には、これまで取得した知的財産権の内容を再確認しましょう。新規事業で成功をおさめるためには、知的財産権を積極的に活用することが重要です。

    続きを読む
  6. 知的資産経営その33(商標出願の手続き)

    商標出願の手続き商標出願のための必要な手続について説明します。商標出願までの準備、出願後の審査、拒絶理由通知を受けた際の対応等を押さえておきましょう。

    続きを読む
  7. 知的資産経営その32(商標調査)

    商標調査の必要性商品のネーミングを商標権としてブランド構築することも知財戦略の一つです。商標権と特許権と組み合わせて、他社との差別化や製品を強い知的財産権で守ることができる場合があります。

    続きを読む
  8. 知的資産経営その31(商標権活用戦略)

    商標権の活用戦略商品のネーミングを商標権としてブランド構築することも知財戦略の一つです。商標権と特許権と組み合わせて、他社との差別化や製品を強い知的財産権で守ることができる場合があります。

    続きを読む
  9. 知的資産経営その30(商標権活用戦略)

    商標権の活用戦略商品のネーミングを商標権としてブランド構築することも知財戦略の一つです。商標権と特許権と組み合わせて、他社との差別化や製品を強い知的財産権で守ることができる場合があります。

    続きを読む
  10. 知的資産経営その29(意匠権の活用)

    意匠権の活用方法意匠権は、特殊な要件の下で以下の特殊な意匠を保護しています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る